カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

         

ステンレスについて

ステンレスは耐食性を上げるため、鉄にニッケルやクロム等を添加した合金です。

鉄では錆びてしまうような環境下でも錆びにくい性質を持っています。ステンレスは

表面を酸化被膜(不動態被膜)が覆っているため、錆にくくなっています。この不動

態被膜はクロムが酸素と結合し、ステンレスの表面を覆っています。非常に強固な

もので保護膜としての役割があり、そのために錆にくくなっています。

■ ■ ■ ■ 

ステンレスは大きく分けて3種類に分別できます。

 ・マルテンサイト系

 ・フェライト系

 ・オーステナイト系

なかでも代表的なものはオーステナイト系ステンレスです。一般的によく見る、ねじや

台所用品などもこの部類です。

■ ■ ■ ■

ステンレスはSUSと表記されますが、これはJIS(日本工業規格)の規定によります。

代表的なステンレス規格と成分表です。

        C        Si       Mn       P        S       Ni       Cr         Mo

SUS303  0.15以下  1.00以下  2.00以下  0.20以下  0.15以上  8.00〜10.00  17.00〜19.00  (0.60以下)

SUS304  0.08以下  1.00以下  2.00以下  0.045以下  0.03以下  8.00〜10.50  18.00〜20.00

SUS316  0.08以下  1.00以下  2.00以下  0.041以下  0.03以下  10.00〜14.00  16.00〜18.00  2.00〜3.00

SUS316L 0.03以下  1.00以下  2.00以下  0.045以下  0.03以下  12.00〜15.00  16.00〜18.00  2.00〜3.00

SUS303は主に削り出しに使用されます。切削性を良くするためにP、Sを多く添加した

ステンレスです。削り易いため生産性は高くなりますが、反面耐食性は劣ります。水回

りなどでは、比較的早く錆ることもあります。

SUS304は主に成形品に使用されます。プレスや曲げなど、大きな圧力を加えて変形

させ成形します。SUS303に比べ切削性は劣るものの、耐蝕性・耐熱性は高いです。

■ ■ ■ ■

アクセサリーとしてのステンレスですが、SUS316Lがよく使用されます。このSUS316L

は非常に耐食性が良い材質で、海水近くでよく使用されます。上記の成分表では、316

や316Lではニッケルが多く含まれており、モリブデンの添加が分かると思います。この

モリブデンが添加されると、錆びにくいステンレスの耐食性がさらに良くなります。耐食

性が良いということは安定した材質ということで、金属アレルギーを起こしにくい材質で

もあります。

金属アレルギーについてはこちらをご覧ください。

一般的にステンレスアクセサリーは、サージカルステンレスと呼ばれることが多いです

が、「サージカルステンレス」と言うステンレスはJIS規格にはありません。

サージカル=医療=体に良い、こんな連想でしょうか。(ちなみに医療器具全てがSUS

316Lで出来ているかと言うと、必ずしもそうではありません。)

SUS316Lと言う表記は先に述べたJIS規格=日本工業規格の規定です。海外で生産した

ものは厳密に言えば、JIS規格相当材となります。

■ ■ ■ ■

SUS316Lは金属のなかでは加工が難しい材質です。主に削り出し加工をしていますが、

硬く粘りがある材質ですので難切削材と呼ばれ、加工を敬遠されることも多いです。

当店ブランドのアクセサリーApistogrammaは精密金属加工技術を駆使し、職人の手で

一つ一つ丁寧に製作されています。

ステンレスアクセサリーはこちら

ページトップへ