カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

         

表面処理について

金属の表面に2次加工を施すことを表面処理と呼んでいます。

アクセサリーの表面処理では、

・メッキ

・イオンプレーティング(IP)

・塗装

・レーザーマーキング

等があります。

何れも外観や耐食性の向上を目的としています。

そのうちのいくつかをご紹介します。

・メッキ  

一番身近な表面処理方法だと思われますが、一口にメッキと言っても多数の種類と方法があり

ます。

アクセサリーのメッキで一番良く知られているのはロジウムメッキでしょう。シルバーアクセサリ

ー等によく使用されます。シルバーは素地のままですと、硫化し黒ずんできます。それを防止す

るためにロジウムメッキをかけることがあります。硫化を防げる一方、シルバーの素地はメッキ

に隠れてしまうため、あえて素地のまま製品としているメーカーもあります。

また、他の安価な材質でアクセサリーを製作し、ロジウムメッキをかけて外観を良くしているもの

もあります。

メッキのなかで一番問題になるのがニッケルメッキです。ニッケルメッキは工業製品からアクセサ

リーまで、幅広く使用されていますが、このニッケルメッキは溶け出しやすく、金属アレルギーの

原因になります。

また、ニッケルメッキは下地のメッキとして使用されることもありますので、一見ニッケルメッキで

ないものでもニッケルが含まれている可能性があります。

・イオンプレーティング   

大きな区別ではメッキの一種で、乾式メッキの一つの方法です。

一般的なメッキはメッキ液を入れた鍍金槽に対象物を入れ、電気をかけてメッキします。

それに対し、イオンプレーティング加工は真空中で主にチタンを蒸発させ、帯電させることによって

メッキ膜を形成する方法です。綺麗なメッキ膜になり、強固な膜が形成されるので傷にも強くなりま

す。また、色々な発色をさせることも可能で、カラーバリエーションも可能です。

しかし、このイオンプレーティング加工は大規模な設備が必要になりますので、一般的な電気メッキ

に比べて高額になります。

・レーザーマーキング

CO2レーザーやYAGレーザーを使用し、表面を削り彫刻する方法です。

主に文字や数字を彫刻します。レーザーの出力により、深く彫ることも可能です。

文字等を彫刻するには手彫りの他、刻印を打つ方法もありますが、レーザーでは手彫りでは不可能

な正確で細かい彫刻をすることが出来ます。

レーザーマーキングは物理的に表面を削っていますので、多少のことでは消えたりすることはありま

せん。

ページトップへ