カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

         

金属加工について 切削編

金属を削り出して加工することを切削加工と言います。

主に旋盤と呼ばれる工作機械を使用し、加工しています。

材料となる金属の棒を高速で回転させ、バイトと呼ばれる刃物で削り出して加工します。

       ↓

鉛筆削りと同じ要領ですね。

製作には、精密加工が可能なNC旋盤を使用しています。NCとは「Numerical Control」の

略でコンピューターで数値制御し加工します。

様々な形に削り出すことが出来ますが、旋盤加工の性格上、左右対称のものに限られます。

材料を回転させて削り出すため、自ずと円柱形や円錐形になります。そのためリングの

製作によく使用します。しかし、デザイン上は似通ったものが多くなってしまうことが難点です。

この加工の難点を解決するのが、マシニングセンタです。

マシニングセンタ(通称マシニング)はマガジンと呼ばれる部分に多数の工具を格納しており、

複数の加工を同時に行うことが出来ます。

旋盤が材料を回転させて加工するのに対し、マシニングは刃物を回転させて加工します。X軸、

Y軸、Z軸の3軸以上の加工となるため、様々な加工が可能です。また、一発製作で複雑な加工

をこなす5軸制御のマシニングもあります。

現在では旋盤加工とマシニング加工を組み合わせた複合機もあり、更に複雑な加工も出来るよ

うになっています。

その他の加工に、フライス加工があります。主に平面加工を行います。フライステーブルにワーク

(材料)を固定し、エンドミルと呼ばれる工具で削り出します。板状の材料の厚さを削って薄くしたり、

溝加工をします。フライス加工は旋盤加工に比べると加工に時間がかかりますが、出来る加工の

範囲が広くいろいろな加工が可能です。

これらの工作機械を駆使し、アクセサリーを製作しています。

ページトップへ