カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

         

金属加工について 鋳造編

金属を溶かし型に流し込み成形する加工方法を鋳造と呼びます。

鋳造方法をご紹介します。

・ロストワックス

アクセサリーの製作ではロストワックスと呼ばれる鋳造方法が多いです。

比較的小規模な設備でも製作が可能で、量産しやすいのが特徴です。

仝況燭鮴什遒靴泙后

▲乾犒燭鮴什遒靴泙后

       

ゴム型にワックスを注入し、複製します。

ぅ錺奪スの複製が出来ました。これを石膏で固めます。

ゾ得します。するとワックスが溶け出し、溶けたところが空洞になります。

ここに溶かした金属を流し込みます。

γ鯊い出来ました。

湯道を切断し、仕上げて完成です。

・ダイキャスト

主に工業製品で使用される方法です。

ロストワックスが石膏で型を取るのに対して、金型を使用します。

ダイ(金型)でキャスト(鋳造)するからダイキャストと呼ばれます。

金型を製作し、そこに直接溶かした金属を流し込む方法です。ワックスで

一度置き換えるのに比べ、精度の高い製品を作ることが出来ます。しかし

高圧のプレスで注入するため、大規模な設備が必要になります。また、金型

も非常に高額になりますので、相当数の量産が必要になります。ダイキャスト

の製品は、身の回りの製品に意外に多く使われています。特に複雑な形状

のものは良くダイキャストで製作されます。

ページトップへ