カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

         

金属アレルギーについて

金属アレルギーでお悩みの方もいらっしゃると思います。

金属は肌に触れていると、汗などによって溶け出しイオン化され体内に取り込まれます。

そして体内のタンパク質と結合することによって異物と認識され、反応が現れます。これが

金属アレルギーと呼ばれるものです。 肌が赤くなったり、痒み等の症状を引き起こしたり

します。厄介なことに、一度金属アレルギーになると治りにくいため、直接肌に触れるアク

セサリーを着けることが難しくなります。

■ ■ ■ ■ ■ ■

金属アレルギーを引き起こす金属としては、

・水銀

・ニッケル

・コバルト

・スズ

・パラジウム

・六価クロム

などがあります。

この中で、アクセサリーに関係するものは、

・ニッケル

・六価クロム

です。

ニッケルは外観を良くするために、ニッケルメッキとして良く利用されます。メッキ膜厚が

薄いので、製品の品質を損なうことが少なく、また価格も比較的安価なため特に工業製

品では良く使用されます。

アクセサリーでは、下地のメッキとしてニッケルメッキをかけた後、別のメッキをかけるこ

とが有ります。(ニッケルメッキ→金メッキ等) このニッケルメッキ下地のアクセサリーを

長く使用していると、先に述べたように汗等でニッケルが溶け出し、金属アレルギーの原

因になります。

六価クロムは、主に工業製品に使用されます。ネジや釘で黄色の物を見たことがあるか

と思います。これが六価クロムを使用したクロメートメッキと呼ばれるものです。

クロメートメッキは防錆力が高く、少々キズがついても自己修復能力がある、と言われて

います。しかし、防錆力が高いと言うことは、それだけ毒性が強いとも言えます。実際、

六価クロムは発ガン性があり、環境・人体に悪影響を与えます。取り扱いには注意しなけ

ればいけません。クロメートメッキの釘を口に銜える人がいますが、体に良くないですよ。

(余談ですが、ヨーロッパでは環境に対する厳しい規制があり、六価クロムはその規制対象

になっています。例えば製品に六価クロムが含有されていると、輸出することが出来ません。

そのため、より悪影響の少ない三価クロメートメッキが主流となっています。しかし年々規制

が厳しくなっており、今後も規制物質の種類は増えていくと思われます。)

主に工業製品に使用される六価クロムですが、アクセサリーではレザーに使用されている

場合があります。革をなめす工程で、六価クロムが使われていることがあります。そのような

革製品を使用すると、やはり金属アレルギーになる可能性があります。

表面処理についてはこちら

■ ■ ■ ■ ■ ■

当店で取り扱っているアクセサリーは金属アレルギーを起こし難い素材で出来ております。

なかでもチタン(純チタン)は金属アレルギーを起こしにくいと言われています。インプラント

や人工骨などにも使用されています。

しかし、全く金属アレルギーを引き起こさないわけではありませんし、起こしにくいと言われ

ている純チタンやステンレスSUS316L製のアクセサリーでもアレルギー反応が現れる場合

もあります。金属アレルギーが起こった場合は、直ちにご使用をお止め頂くようお願いします。

ご案内

ページトップへ